まとめ記事① 初心者向け

マリオカート8DXというゲームを始めてやるにあたって覚えておいた方がいいことをまとめておきます。

・このゲームにはアシストという機能があります。アシストにはオートアクセルとハンドルアシストがあって、オートアクセルはアクセルを押さなくてもカートが勝手に進んでいく機能、ハンドルアシストはコースアウトしたり壁にぶつかりそうになった時に自動的に軌道修正してくれる機能です。オートアクセルは特に使う必要がありません。ハンドルアシストはコースを覚えるまでは使ってもいいと思いますが、注意点として、ドリフトした際にMAXで3段階目まで溜まっていくミニターボがハンドルアシスト中は2段階目までしかたまりません。

・スタートダッシュは、二つ目の信号がともった直後にアクセルを踏むと可能です。あまりアクセルを踏むタイミングが早すぎるとエンスト(火花が出て一定時間停止)しますが、そうならない範囲で早くアクセルを踏むほど長いブーストが出ます。
 詳しくまとめると、スタートダッシュには3段階あり、エンストしない範囲で最も早くアクセルを入れると最も長いスタートダッシュが出ます。

・ドリフトの仕方。このゲームはドリフトをする直前に「ミニジャンプ」と呼ばれる行動を挟む必要があります。ミニジャンプで着地するより前にスティックを左右に入れると、その方向にドリフトが掛かります。また、ドリフトを一定時間以上続けると、ドリフトを止めた直後に「ミニターボ」と呼ばれる加速を得ることが出来ます。

・ドリフト中は左スティックを傾ける角度で曲がる角度を調整できます。スティックを傾ける角度でミニターボのたまる速度も変わります。具体的には、スティックの入力角度はドリフトが掛かっている方向に60度以上、60度以下0度以上、逆入力の3段階に分類されていて、前から順にミニターボがたまりやすいです。

・ジャンプアクションについて。このゲームでは段差でミニジャンプを行うとジャンプアクションと呼ばれる現象が発生し、車体が着地後一定時間の加速を得ることが出来ます。

・落ちているコインは拾うと若干速度が上がります(1枚ごとに1%)。キラーという強力なアイテム使用時の速度も変わるので、出来るだけ集めておきましょう。ミュートシティやビッグブルー等一部コースでは、紫色の床を踏むことでもコインの回収が出来ます。因みに、スタート時の順位によってコインの初期保持数は変わります。一位が0枚で12位が5枚です。

・甲羅、バナナなど一部アイテムは使用する際に左スティックを前に倒すか後ろに倒すかで、前方に投げるか後方に投げるかを決めることが出来ます。また、これらのアイテムはアイテム使用ボタンを押しっぱなしにすることでアイテムをカートの後ろにつけっぱなしにすることが出来ます。これは背後からの攻撃を防ぐのに役に立ちます。

・キャラは基本好みで構いませんが、基本的にはキャラクターが重い程通常時の速度が速く、また軽い程ミニターボがたまりやすいです。

・キラー、テレサ、スターでサンダーは回避できます。(知らなくていいこと:落下回避)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です